忍者ブログ
2010.7.12作成   「海外で地域に根ざした生活や、なにか役に立てる活動を通してビジョンの肥やしとしたい」 そう考えた私は今年こそ仕事を辞めて、NGOのボランティアをすることを決意。そして地図を広げた。 みんな人生は1回きり!! それならやるべき道を進む。 自分の活動は華やかなものではないかもしれない。 しかし、自分の大事にしてるものがある。自分の持ってる世界がある。その世界を逞しく育ってみせる。  この1年は今まで味わったことのない様々なカラーが混ざってくる。その過程を、ブログを通して一度綴ってみたかった。 みんなには其々の磨けば光る何かがある。それに気づかない,それを知らない人に、このブログが何かのお役に立てれば、なお一層嬉しい。
[43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

写真素材のピクスタ

4月2日にNGOの事後研修を終えて東京から帰ってきました。
仕事も始まったので、更新に余裕がなかったです。。




さてさて、


検証結果!!!
 
この話は、馬鹿げた話なので、ここから下は興味のない方は見ないでください。
 
 
 
 
英語でGOをひそかに成功させる。それが自分の与えられた任務。
説明しよう。英語でGOとは・・・・
自分が海外で中国人に間違われた経験を元にしたもの。それは、もし、自分が日本で中国人になりすまし英語で話すと、他の日本人は自分を外国人と信じるか。のことである。
 
 
3月28日午後11時ごろ
大阪難波に着いた。
 
 
バスはまだ来ていないようだった。到着時間まで少しあった。大阪の夜行バスは停留所というよりは道路の際にとめてある。バス到着場所の確認を先に終え、コンビニへ。
 
受付時間5分前。バスの停車位置の道路へ行く。
 
バスが数台停めてあり、どれが自分のバスか分からない。いよいよ人に質問をしないといけない。。。。それに、不幸にもバスe‐mailチケットに自分のバス会社の名前がかれていない;;
 
「私のバスは何というバスですか?」
 
この質問、例え日本語で他の人に聞いても分かるはずがない。だって、自分が予約したバス、他人が分かるはずないよね・・・・><
 
せめて、どこかのバス会社のスタッフに聞けば、慣れてるし、チケットを見ればタイプの違いで理解してくれるのでは、と望みがあった。→ということは、い・よ・い・よ・挑戦!!
 
ドキドキドキドキ・・・
 
自分:チラッ( e-チケットの紙を見せる)
スタッフ:「お名前は?」
 
自分:チケットの指名に指をさす。
 
スタッフ:「あ・これ、ウチの会社のチケットじゃありませんね~
 
スタッフ:「あ・これwilleっていうバスだから ピンクのバスですよ。でも、まだ来てないね~このバス。こで待ってたらきますよ。」
 
自分:「ありがとうございました。・・・・」
 
 
 
あ~~!!!言ってしまった―――日本語や!!
 しかも、話さないように、ジェスチャーで伝えようという逃げ腰が顕わになった。。。
 
チキン野郎!自分。深く反省。
 
 
 
静岡に1泊して、東京へ向かい、上野に着いた。駅をありる。ここからお世話になった人の家まで、大体しか覚えていない。電話して聞いてみても忙しいよろうし、今はよくない。
 
よし!フタタビ チョウセンダ!!
 
Round 2!!
道路上にあるマップの看板前で道を尋ねる。

a893b082.jpeg
 








 
相手は40代後半の女性。
 
自分:「ユウジンノ イエニ イキタインデスガ ミチニマヨイマシタ。」
   「オシエテクダサイ」
 
おばさん:「ん?ここがこの地図でここでしょう?ん~~。。。何丁目?」
 
自分:「2チョウメ。」
おばさん「えっと・・・・・それはここからいって・・・あれ?あ~ここ、ここ
 
おばさん:「番地は?」
 
自分:「10デス。」
 
おばさん:「でもその番地は観あたら無いね~
 
自分:「アリガトウゴザイマス トリアエズソコマデイッテ ミマス アリガトウ!!」
 
おばさん:「どういたしまして~
 
 
 
 
成功!!?そのままいってしまった~!!でも結果、自分を中国人としてみてくれたかは分からないけど、外国人として、受け止めてくれたみたいです!!
 
いや~~~全然疑われないもんですねーーーー。
 
 
 
 
その後、自分の数十メーター前を歩いてたそのおばさんが、又、新たに地図の看板を見つけてくれて、ここにあるからまた見ていくんだよー。って、ジェスチャーで遠くから手を振って教えてくれた。
 
 
 なんて、いい人なんだ・・・・それなのに、、、
その瞬間、一気に罪悪感がこみあげてきたんだよね,自分は;;;
 
ゴメンおばちゃん。ありがとう。でも   おれ、日本人です。
今更ながら、この場を借りてお詫びいたします。無邪気ないたずらだったんです。本当です。許してください。
 
 
 
検証結果
自分の場合、海外の人です。と言い張っても通用します!!

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
フリーエリア
最新CM
[08/01 nwlzoyxixz]
[08/01 ywcsasuziy]
[08/01 zidckxhter]
[08/01 anemwdx]
[08/01 oeuxcuxrcd]
最新TB
プロフィール
HN:
齊藤 敏和
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/12/24
職業:
ボランティア活動中
趣味:
草引き,お茶やコーヒーを飲むこと
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
忍者アド
カウンター
Powered by Ninja Blog Photo by COQU118 Template by CHELLCY / 忍者ブログ / [PR]